りんごひめと素敵な仲間達☆ブライス同好会☆

大好きなブライスちゃんやワンダーちゃんなどお人形達が登場するブログヽ(*^▼^*)ノ今日もHappy♪

  • 01 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 02

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 九州紀行【大分】~海地獄


海地獄

九州紀行【大分】~海地獄

初旅行の続き・・・今回は地獄だぞぉ~!!!

大分県別府の観光名所≪地獄めぐり≫
去年真っ赤な池の<血の池地獄>をUPしたの覚えてるぅ?なので今年は・・・
真っ青な池の<海地獄>に行ってきましたぁ♪

海地獄へ
『地獄へ行ってきたケロよぉ~』


海地獄①
『海地獄到着ケロ!』


海地獄②
『綺麗な青色だなぁケロっ♪』


海地獄④


海地獄③


青
『海地獄(うみじごく)は1300年ほど前に
鶴見岳の爆発によって誕生したとされてるらしいケロ♪
硫酸鉄によって池の色はコバルトブルーその温度は摂氏98度!
泉脈までの深さは200mにも達するらしいケロよぉ』


海地獄⑤
『地獄に隣接した池では温泉水でオオオニバスが栽培されてて
お盆のシーズンには大きく育った葉の上に児童を乗せるイベントなんかがあるらしいケロよぉ』



蓮①


蓮②
『大鬼蓮只今大きくお育ち中ケロっ!
イベントでは20㎏のお子まで乗せちゃうらしいから凄い葉っぱだケロ♪』


蓮③
『葉の上にお賽銭がwww』

蓮④
『イイ香りするケロっかなぁ~♪』

蓮⑤


蓮⑥
『いろんな花があるケロっ♪』

蓮⑦

『大鬼蓮大好きケロっ♪こんな鬼さんなら最高ケロ♪』

大分県別府の地獄めぐり・・・次回はどの地獄へいこうかなぁ~
ちなみに全部同じところにまとまってあるわけじゃないんだぁ!
地獄めぐりで有名な地獄組合に加入しているのは・・・
海地獄、鬼石坊主地獄、山地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄の8つ。
このうち血の池地獄、龍巻地獄はやや離れて柴石温泉にあり他の6つは鉄輪温泉に集中している。


楽しい地獄の次は・・・エッマジ?新世界へwww!
この後・・・まだまだ初旅行続くよ♪
ポチッと応援ありがとぉ~
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

 九州紀行【大分】~鉄輪温泉

九州紀行【大分】~鉄輪温泉
2011年初旅行のお宿は・・・
大分県鉄輪温泉でしたぁ~
鉄輪温泉

②  ①

温泉水で卵を茹でてたよぉ~もちろん美味しく頂きました


うさちゃん達
こちらのお宿には・・・たくさんのウサギちゃん達が
あちらにもこちらにも!
玄関先やロビー・・・お食事処や廊下・・・お部屋の座布団やシーツや寝間着やカップまで
あらゆるところに!隠れミッキー探しみたいに隠れウサちゃん探ししちゃいました

兎①  兎②

兎③


兎④  兎⑤

兎⑥


兎⑦


兎⑧
障子にも!可愛い~っ☆


お部屋
年末忙しくて宿の手配忘れゞ急遽空いてる所探して決めたのぉ~
でも可愛いお部屋でよかった☆

お部屋①
檜の半露天風呂付きのお部屋だよぉ~☆温泉入り放題最高っー

お部屋②  お部屋③


お部屋④  珈琲
お部屋に珈琲ミルが!豆もあり飲み放題だよぉ~
豆をひいての珈琲のサービスは嬉しいッ☆

露天風呂
温泉満喫っ最高よぉ~☆


夕食ケロ♪
お食事ケロよぉ♪

食事①  食事②


食事③  食事④


食事⑥  食事⑤

食事⑧  食事⑪
  


食事★


食事⑩  食事⑨


朝ごはんは・・・
朝ごはん  朝①


朝②  朝⑥


朝⑤  朝③


朝食

ここのお食事は私の感想は・・・う~んゞ
お部屋もお風呂もサービスも対応も良いのに食事が・・・アハッ;
もう少し美味しかったら最高だったんだけどなぁ!辛口ごめん・・・。

でもお部屋もお湯もよかったので◎ですぅ~



まだまだ新年一発目の旅行記続くよ~!
次回は・・・地獄へΣ
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

 九州紀行【大分】~別府・「別府湯けむり展望台」・「大分香りの博物館」

九州旅紀行【大分】~別府

2012年初旅行は・・・

別府湾

≪大分≫へ行ってまいりましたぁ                IN別府湾


大分の鉄輪温泉へお泊り!
なので別府八湯のひとつである鉄輪(かんなわ)温泉が望める高台にあるという
「別府湯けむり展望台」へ!

別府


別府の“湯けむり”は平成13年にNHKが募集した「21世紀に残したい日本の風景」で
富士山に次いで全国第2位に選ばれたらしいのですが・・・
ただいつでも“湯けむり”は見れるわけではないようです
少量の“湯けむり”はいつでも見れますが沢山の湯けむりは
条件がそろわないと見れないらしいです。今回はちょろっとでしたぁ・・・。

別府ころん
ころん『林檎さん今夜はあの辺にお泊りなのね♪』

初旅行のお供1・・・<ころんちゃん>
うん♪そうだよぉ~鉄輪温泉にお泊りよ☆


別府バニラ
バニラ『林檎ちゃん~これなんて書いてあるのぉ?』

初旅行のお供2・・・<バニラちゃん>
これはね【倉田紘文氏の句碑】( ゆけむりの 風と遊べる 小春かな)だよぉ~


別府芝男
芝男『早く温泉いきまっせケロよぉ~』
おぅ!行こう♪行こう♪温泉っルンルン


2012初旅行のお供

と・・・言うことで
2012年初旅行のお供はこの3人でーす


展望所の近くにあった「大分香りの博物館」
面白そうだったので行ってまいりましたぁわたくし香水大好きなのぉ~

大分香りの博物館
≪大分香りの博物館≫
「大分香りの博物館」は学校法人別府大学の創立100周年事業として
心豊かで夢と活力溢れた地域づくりを目指す大分県の発展に寄与するため
旧「大分香りの森博物館」より貸与された貴重な収蔵品3,625点をもとに開館。

大分香り博物館①


②


③  ④


⑤


⑥


⑦


⑧  ⑨


⑩


⑪

ここの博物館は・・・
体験型施設で私は≪香水作り体験≫をしてきましたぁ~

≪香水つくり体験≫瓶込で2000円
香水作り


香水作り②


香水作り③

とっても甘いくて素敵な香りの香水ができました
講師の先生も選んだ香りでの<性格判断>してくれたり面白かったわよ☆

おススメの博物館でーす!<入館料500円>
是非ここへ来たときは香水つくり<2000円>体験してみてね♪

まずは・・・ここまで
次回は温泉宿よぉ~


明けましておめでとぉー☆
今年もポチッっとありがとぉ♪感謝
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

 九州紀行【大分】~日田・豆田町



九州紀行【大分】~日田・豆田町

GW大分旅行最終日は日田~耶馬溪まで行ってまいりました♪
生憎の雨模様になり・・・お写真少ししか撮れなかったの。
ちょっぴり残念><。日田の豆田町はとってもレトロで素敵な町だったんだけどなぁ~
日田駅
ころん『日田駅だよっここから近くにある豆田町へこれから行くんだって!楽しみっ☆』


【豆田町】
豆田町(まめだまち)は、大分県日田市市街地の北部、花月川沿いにある伝統的な商家が集まった地区。
もと日田郡豆田町。南北に御幸通り、上町通りの2筋の通りがある。

三隈川の流れる日田盆地に開けた日田は、江戸時代には幕府直轄の天領地として
日田代官所が置かれた城下町です。
この日田は九州各藩に貸し付けた利子により莫大な利益を得て経済的にも豊かになり、
その経済力をもって町は整備され、今でも市街には古い町並みや土塀が残っており、
夏には鵜飼いがおこなわれる情緒あふれる街で「九州の小京都」と言われています。

江戸時代日田には御用達商人が沢山いました。これらの商家が集中していたのが豆田町です。
今でも県内最古の商家や蔵屋敷が建ち並んでおり、日田一番の観光名所となっています。
豆田町では2月中旬~3月末日には“天領日田おひなまつり”が行われ、
旧家に代々伝わる歴史をしのばせる雅やかな雛たちが一挙に公開されます。
中には300年前の雛もあります。

豆田町




豆田町②


豆田町☆ 天領もち


今回気に入ったお土産♪はこちら・・・《日田醤油さん》と《東光堂さん》

《日田醤油さん》
日田醤油
バニラ『ここのお味噌とお醤油を買ったんだよ♪』



日田醤油内
お味噌汁の試飲させてくれます♪勿論お醤油の試飲できますよぉ~


おさしみ醤油 味噌
こちらを購入して使ってるんですが・・・本当にメッチャ美味しい


《日田土鈴東光堂》さん
日田土鈴

店内もこちらの女将さんもとっても素敵でしたぁ~♪
こちらでは・・・<こいのぼりの土鈴>と<お雛様の土鈴>を購入致しました☆
こいのぼりの土鈴は帰りに親戚の家に寄ったので伯母様へプレゼントしました
こちらの土鈴は凄く気に入ったのでまた絶対に行きたいわぁ~
日田土鈴内


こちら日田名物の《日田やきそば》
B級グルメです☆
もやしと麺が同じ長さで麺の表面パリッっと焼いててシャキシャキもやしの食感がキイテル焼きそばでした。
宝華 B級グルメ


こちらは中津名物の《から揚げ》
こちらは耶馬溪の帰りに買って車の中で食べました!スゲーーー美味かった
とり福 から揚げ


と・・・エッ?何故・・・耶馬溪の写真無いのかって?
そ・そ・それは
撮るの忘れたっーーーーー耶馬溪の青の洞門へ行ったのですが
急遽近くに住んでる親戚の家へ向かう事になって~バタバタして撮るの忘れた><。のでした。
また近いうちに行こうっと♪その時まで耶馬溪のお写真待っててネッ☆

と・・・GW大分旅行これにてっ♪では九州紀行は又次回っ・・・


よかったら・・・ポチッっと応援よろしくです☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

 九州紀行【大分】~慈音の滝 (じおんのたき)


九州紀行【大分】~慈音の滝 (じおんのたき)
慈恩の滝


《慈音の滝》
慈恩の滝(じおんのたき)は、大分県日田市天瀬町と玖珠郡玖珠町の境に位置する滝である。

万年山を源流とする山浦川と玖珠川が合流する場所に位置する。
上段20メートル、下段10メートル合わせて約30メートルの落差がある。

また、滝の裏側へ向かうこともできる「裏見の滝」である。

夜間はライトアップされ、昼間とはまた違う一面を見せてくれる。

桜滝、観音の滝と合わせて天瀬の三瀑と呼ばれ、
さらに赤岩滝(山法師滝)、楓葉の滝、夕日の滝を加えて天瀬六瀑と呼ばれることもある。

滝

「裏見の滝」なので・・・滝の裏側に行けます♪
滝の裏を時計回りに周ると縁起良いと聞きました☆

ではでは・・・滝浦へ

まず<正面>
滝①


次に<滝側面>
滝②


お待たせしました♪ジャンジャン<滝裏>
滝裏
激しい水飛沫を上げるカーテンを裏側から見る素敵でしょ~♪足元の苔もイイ感じっ☆


滝裏カーテン
カメラに水しぶきがぁwww滝の音凄い♪迫力あるわぁ~


滝裏カーテン②


<滝反対側>です♪
滝③


かっぱ居た♪                                大蛇ダァーッ
かっぱ 大蛇


由来
<慈音の滝由来>
今からおよそ千数百年の昔、この滝壷に大蛇が住んでいた。或る年の麦の実る頃、
夜中にこの大蛇が滝壷より這い出して麦畑の中でのたうちまわり農民の汗による麦を荒らしてしまい
わづか一夜で近郷の麦畑はほとんど全滅に近い被害を受けその年の秋の実りの田も
この大蛇に荒らされ其の数年間、田畑を荒らされ続けた。

このため農民はホトホト困り八方手をつくし何とか大蛇を鎮めんものと、或るときは、加持祈祷に、
またるときは、滝壺に竹網を張るなどしたがその甲斐もなく大蛇に荒らされ
農民は食べるものもなく困窮の果て、先祖より受けついだ田畑を捨て、家を捨てるものが続出し
この土地をはなれて行ったのである。

こんな年の・・・・夏の夕暮れどき、地域を通りかかった旅僧がこのありさまを聞き、
及ばづながら経の功力により大蛇を鎮めて見ようと、その夜折から登る月光の下
滝しぶきのかかるあたりに座して一心に読経を続けておりますと、やがて急に滝壺に逆渦巻が起り、
波の中から凄まじい形相の大蛇が姿を現したのである。

これを見た旅僧はそのような浅ましい姿では経を聞くことは出来まい。
・・「心をやわらげ、姿を変えて現われよ」と、さとした。
すると大蛇は、ザブンと水中に身を沈め、しばらくして今度は頭だけ大きく
胴体は筆の軸位に痩細り長さは二丈(7m)あまり見るもあわれな姿で水の上に現れた。

旅僧は大蛇に向かい法を説きながら、「何故に田畑を荒らすのか」と問いただすと、
大蛇は頭を胴の方へ向けて曲げ舌の先で体中を舐め始めたので、旅僧は大蛇に近づき、よく見ると、
鱗の間に全身虫が寄生しているのを発見した旅僧はこの大蛇をあわれに思い、
その胴体の上を経文で撫でさすると、大蛇は目を細め旅僧のなすままに静かにしていて、
病気もよくなりその後は一度も田畑を荒らすことなく稲や麦も実り農民の喜びは大変なものであった。

農民はこの旅僧のために一つの寺を建立し慈恩寺と名付け寄進した。
しかし慈恩寺は戦国の争乱で大分府内の領主大友宗麟の軍により消滅したのである。

   天瀬町(あまがせちょう)



<ライトアップ>
ここの滝はライトアップされて夜も美しい♪
林檎は宿にチェックインして夕飯前にここへライトアップされた滝を見学に・・・
そして次の日チェックアウトして朝の滝を見学に行ったよ☆天ヶ瀬に泊られたさいには是非♪
ライトアップ




マイナスイオンちゃん達いっぱいでしたぁ
マイナスイオンちゃん♪



よかったらポチッっと応援よろしくです☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

  HOME   »

黒メイド時計

プロフィール

りんごひめ

Author:りんごひめ
†ブライス★ワンダー†達と
楽しく生活してます♪
林檎ですヽ(*^▼^*)ノ

※ここに記載の文章&画像など
 著作権は放棄しておりません
 お持ち帰りされる際には・・
 必ずご連絡下さいませ。

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。