りんごひめと素敵な仲間達☆ブライス同好会☆

大好きなブライスちゃんやワンダーちゃんなどお人形達が登場するブログヽ(*^▼^*)ノ今日もHappy♪

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 九州紀行【宮崎】~新富町黒木さん宅芝桜



今日は先日テレビ(4月29日)アンビリバボで紹介されていた
宮崎県宮崎市新富町の黒木さん宅の芝桜を見にいってきました♪

九州紀行【宮崎】新富町黒木さん宅芝桜
     2010年5月某日



【フジTV・アンビリバボ記事より】
庭一面に広がるシバザクラ
フジTV・アンビリバボ(2010年4月29日放送)
宮崎県新富町。ここにシバザクラが満開を迎える4月になると、
多くの見物客でにぎわう民家がある。 この色鮮やかに咲き誇るシバザクラは、ひとりの男が二十年の年月をかけて
育てあげてきたものなのだ。
この家の主人、黒木敏幸さん、そして妻の靖子さん。
ピンクに染まるシバザクラの一輪、一輪には、
夫から妻へささげる、真実の愛がこめられていた・・・。

↓をクリックでフジTV・アンビリバボの特集記事みれます♪
       見てみて下さいね★真実の愛に涙

フジTV・アンビリバボ




続きタタミます~黒木さん宅芝桜画像
芝桜の時期には少し遅かったけど・・・黒木さんご夫婦の人柄と笑顔に心あたたまりました
真実の愛それは相手を思いやる優しい心・・・。
芝桜

よかったら
芝桜は愛の花~♪と言いながらポチッっとよろしくです★



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村


芝桜①



芝桜②



芝桜③


見所は4月中旬らしい・・・来年はその時期に伺がわせて頂きまぁ~す♪
芝桜④



芝桜⑤


この日も沢山の方が訪問されてましたぁ♪
芝桜⑥


【黒木さんご夫婦】
凄く笑顔が素敵なあたたかなご夫婦でした♪また伺います~★
芝桜 黒木さん夫婦


【アンビリバボ記事】

昭和31年、二人の出会いは見合いの席だった。恥ずかしがりやの2人は、一度も会話を交わすことなく婚約し、結婚。小さな家で新婚生活がはじまった。
 二人は畑で、芋や麦などを育てたが大した収入にはならなかった。どれだけ生活が苦しくても、夫の敏幸さんは決して人に頼ろうとはしなかった。
 実は、7歳の時に父親を亡くした敏幸さんは、わずか10歳で地元の大農家に奉公に出され、結婚するまでの16年間を、奉公先で育てられた。
朝5時に起き、働きづめの毎日。だがどんなに辛くても、奉公の身である以上、甘えることなど出来ない。そんな生活をずっと続けてきた敏幸さんは、独立した以上、人に頼らず自分の力で生きていこうと心に誓ったのである。そんな夫に靖子さんは黙ってついていった。


そして二人の間に、三人の子どもが生まれ、ようやく生活が軌道にのりはじめたそんな矢先、ある出来事が!台風が直撃し、畑の作物がすべてダメになってしまったのだ。
 家族にとって危機的な状況。しかし敏幸さんは、「悪い事もいいふうに考えればいいんじゃ。牛だ!牛をやろう!牛なら天候に左右されることもなくなる!」と言った。
 実は昭和30年代、高度経済成長にともない、乳製品の需要が高まるとともに畑作から酪農へ切り替える農家が増えていたのだ。
すると敏幸さんは、借金をして牛10頭を買い、酪農を始めた。
 生活は一変。朝は四時起き。掃除、えさやりにはじまり搾乳。さらに飼料づくり。 365日働きづめで年間を通して1日たりとも休みはない。


それでも靖子さんは不満などなかった。
それは、地元の農家の会合に敏幸さんが出席していた時のこと、会合では毎回弁当とビールが振舞われていたが、付き合いの悪い敏幸さん。実は、弁当を家に持ち帰り、靖子さんと一緒に食べていたのだ。
 敏幸さんは妻がいないところで、自分だけ贅沢するのが耐えられなかったのだ。そんな夫の優しさが、厳しい生活を生きる靖子さんを支えていたのである。
 働き詰めの生活は、その後20年以上も続いた。その努力は実を結び、牛の数は10頭から50頭に。 3人の子どもは、立派な大人へと成長した。


 夫婦となってから30年。 2人には、ささやかな夢があった。それは、いつか二人で世界一周の旅をすること。結婚当時、新婚旅行にも行けなかった二人は、いつか旅に出ようとずっと貯金をしてきたのだ。
 そんな矢先のこと、靖子さんの視界はかすんだようになり、牛がいることすら判別できないまでに視力が落ちていたのだ。敏幸さんは、すぐに妻を連れ眼科へ行ったのだが、明らかな原因は分からなかった。
 そして1週間後。なんと、異変を感じ始めてからたった一週間で、靖子さんの目は、完全に見えなくなってしまったのだ。靖子さんは宮崎市内の総合病院に移り、すぐに検査入院。診断の結果は、遺伝からくる、糖尿病の合併症。
 視力を失ったショックは大きく、靖子さんは別人のように無口になり、笑顔を見せるともなくなった。そんな中、敏幸さんは一人、酪農を続けていたのだが、長女に酪農は一人では無理だから辞めてくれと懇願され、敏幸さんは持っていた牛を売り払い、酪農を辞めることを決心した。それは苦渋の決断であった。
 自分のせいで、大切な妻から光を奪ってしまった。そして二人で必死に築いてきた酪農までも失った敏幸さんは、自分のふがいなさに涙が止まらなかった。


それから数ヶ月後、妻を見舞ったあと敏幸さんが姉の家に立ち寄ったときのこと。庭先に当時ではまだ珍しい、シバザクラが咲いていた。
 早速わけてもらったシバザクラを庭先に植えた。斜面に植えたみかんの木の土止めとして使うには、ちょうどよかったのだ。
 そして靖子さんが1年ぶりに退院。夫として出来る限り元気付けようとするのだが、明るく、人と話すのが好きだった靖子さんが、家に閉じこもるようになってしまった。


そして不安の中で迎えた翌年の春。昨年植えたシバザクラに人が集まってた。敏幸さんの頭に、ある考えがひらめいた!
 そして何かに取り付かれたかのように、シバザクラを増やしはじめた。畳一畳分もないシバザクラを、どうすれば庭いっぱいに増やせるのか??これまで全く知らなかった花の栽培。土や肥料の配分をはじめ、さし芽の方法など、シバザクラに関係することは何でも覚えた。


そんな中、敏幸さんのシバザクラは近所でも話題になっていた。必死にシバザクラを増やそうとする敏幸さん、しかしたとえ綺麗に花が咲いても、靖子さんははそれを見ることはできない。それでも敏幸さんはやめることはなかった。敏幸さんにはハッキリとしたある目標があったのだ。その目標を果たす為に翌年も、その翌年も、シバザクラを増やしていった。
 杉林だった自宅の裏山をたった一人で切り開き、そこにシバザクラを植えた。シバザクラがより美しく見えるように斜面に土を盛り、ユニークな起伏にとんだ傾斜をつくり、そこにシバザクラを植えた。
 盛った土が大雨で流されてしまうこともあった。一進一退のシバザクラづくりは何年も続いた。


そして、シバザクラを植えてから10年以上がたった春・・・庭にはピンクのじゅうたんが広がった!敷地一杯に咲き誇るシバザクラ。敏幸さんはたった一人でこの光景を作り上げたのだ。
 すると、シバザクラを見に人が集まってきた。こうして、敏幸さんのシバザクラは評判を呼び、いつしか県外だけでなく、遠方からも人々が集まって来るようになったのだ。
 シバザクラの周りに集まって来た人と話をする靖子さん。その顔には、いつしか、あの朗らかな笑顔が戻っていた。
 シバザクラを庭一面に育てることで見物客を集め、ふさぎこんでしまった妻を元気付けたい。それこそが敏幸さんの願いだったのだ。


そして現在、シバザクラは家を囲むように600坪の敷地全体に広がっている。春になると地元のみならず、全国各地から、見物客が押し寄せる。敏幸さんは、少しでも多くの人にこの景色を見て欲しいと、庭を無料で開放しているのだ。
 庭に響く靖子さんの笑い声。靖子さんは、お客さんとの交流を毎日の楽しみにしている。敏幸さんがシバザクラにかけた深い愛。それはしっかりと靖子さんの心に届いている。


靖子さんの朝は、夫が作った遊歩道を散歩することからはじまる。
夫の愛を感じながら、多いときには1日に1万歩、家のまわりを100周歩く。
 目の不自由な靖子さんが、安心して歩けるように設置された手すりは、敏幸さんのお手製。そしてこの休憩用のベンチも、敏幸さんが作った。
 一方、夫の敏幸さんの日課は、もちろんシバザクラの手入れ。見つけた雑草を一本一本丁寧に抜いていく。この毎日の地道な作業が、シバザクラを育てるには大切だという。

人生の二人三脚はこれからも続いていく。



コメント

もふもふ アンビリ観てたわよ~。
奥様 目がご不自由だけど
心ですべて見えてるのよね~。
笑顔が素敵ですよね。

シバザクラ鮮やかで綺麗ですね!
とても有意義な1日を過ごせたのね。
羨ましいです~♪

いきさつを知っていると、見る側の気持ちも違ってきますよね。
苦労されてきたから、人への思いやりが深いでしょうね。素晴らしいです。

俺もここ行ってみたいんですよー!

すごく綺麗だし

芝桜に昔ながらのお家が良く似合って

素敵ですよね。

俺もいつか結婚したら、お嫁さんを大事に出来る旦那になりたいもんですな!

Re: タイトルなし

もふもふ様コメントありがとうございます!

もふもふさんもアンビリ見てましたか♪

> 奥様 目がご不自由だけど
> 心ですべて見えてるのよね~。
> 笑顔が素敵ですよね。

↑そうなんですよね♪本当に素敵なご夫婦でしたよぉ~
TVで見るよりもっと仲良しでしたよぉ!


Re: タイトルなし


ジュリアルーシュ様コメントありがとうございます!

うんうんいきさつ知って行くと本当に感動するよぉ~
素敵なご夫婦に会えて本当に心が和みました♪

Re: タイトルなし


グル様コメントありがとうございます!

うんうん・・・こんな夫婦になりたいですよね。
笑顔が絶えない本当にめちゃくちゃ素敵なご夫婦でしたよぉー♪
またご夫婦に会いに遊びに行きたいです☆

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ringohimeroom.blog109.fc2.com/tb.php/70-24b81ccc

  HOME  

黒メイド時計

プロフィール

りんごひめ

Author:りんごひめ
†ブライス★ワンダー†達と
楽しく生活してます♪
林檎ですヽ(*^▼^*)ノ

※ここに記載の文章&画像など
 著作権は放棄しておりません
 お持ち帰りされる際には・・
 必ずご連絡下さいませ。

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。